あんたとあたし。


目に見えない距離が、

いつも二人を弱くした。

気持ちは通じ合っているハズなのに…

幼くて純粋だった、あたしの初恋…───。

*…*…*…*…*…*…

この小説ゎ、管理人のあたしが、実際に体験したお話です。

叩きや、批判などゎお断り<(_ _)>

なお、登場人物や場所などの名前は変えています。

パスは、感想NOTEにあります★


この作品のキーワード
初恋  切ない  距離  幼い    友情  恋愛