中学3年の子吉沢英夢はクラスで浮いている存在だった。

父親は定職もなく、酒浸りの毎日だった。

そんなある日、クラスメイトの津坂美帆がクラスの輪に誘った。

少しずつではあるが、子吉沢はクラスにとけこんできた。

しかし、そこに美少年の転校生、墨丘優斗が現れた。

この作品のキーワード
孤独  中学生  怪談話  転校生