テストは終わり、家に帰った。


「萌奈、テストのできは?」

「知らないっ」

「ふーん。出来なかったんだ?」

「…………」


─バタンッ


私は自分に入った。


だって…寝たかったんだもん。



「おやすみ…」