──ピンポーン


私が家を出ようとした時、ちょうどインターホンが鳴った。

私はドアを開けた。

そこには冨永さんが。


「こんばんわ☆今日は楽しんで下さい♪でわ」


私はそのまま冨永さんにぺこっとし、家を出た。


──ピンポーン


涼の家のチャイムを鳴らしてみた。


「あれぇ?居ないのかなぁ?」

──ガチャッ


「遅い。早く中入れ」

「はい…」


お仕置きされんのかなぁ?
やだなぁ…。

涼のあとをついていき、涼の部屋へ入った。