私はお姉ちゃんの家に入ろうとした。


「着替えないの?」

「あっ…だね。」


私は一旦、自分の家に戻った。


「服…どうしよう…。」


うーん( ̄〜 ̄;)


「ワンピでいっかぁ♪」


ワンピを着て、髪型をちょっぴり変えて……

「これでOK☆」


「ほら。行くよ。」



涼もさっきより楽な格好をしていた。



チュツ



カァァァァ



「顔赤っ。」

「笑うなぁ〜!」