やっぱり

君へのキモチは

変えられない。

どんなことがあっても

思い出すのは

いつかの君の

笑顔でした―

この作品のキーワード
  泣ける  未練  中学2年生  再会  切ない  忘れない  恋愛