あれは偶然なんかじゃない。
運命だったんだ...。

この作品のキーワード
切ない    秘密