――――――――
――――――


夜、屋敷に帰るとぐったりしている美空がいた。


「美空、どうした」


畳に敷いてある布団に寝転がっていた美空は、俺を確認すると、起き上がる。


「おかえりなさい」

「ただいま……疲れているな?」


荷物を置いて美空の傍らに腰を下ろして頬に手を伸ばす。


「今日は、本当に疲れたよ……」


はぁ、と溜め息をつく。
どうしてだ、と聞くと優斗さんだよ、と言う。


優斗?あいつ何かしたのか


「優斗さん、カッコ良すぎ」

「………は?」

「凄かったんだから、うちのクラスの女子達の悲鳴」


キャーキャー、興奮しちゃって。


「プラスあたしと居るからクラスの女子の質問攻め………いとこで通したけど」


疲れたぁー、と美空は布団に寝そべった。


この作品のキーワード
シリアス  ヤクザ  借金  裏切り  復讐