それからというもの、俺と美空は見事にすれ違いを生じさせた。


俺は、東組の事で忙しく、美空は、テスト勉強。
言った通り、俺は護衛の人数を増やした。しかし、組員では無理があった。怪しまれてしまう。だから、学に頼んで学の知り合いを送った。同じ高校生らしいから怪しまれないだろう。
一先ずそこは安心した。


仕事の合間に美空の様子を見に行ったり話しかけようとするが美空は妙によそよそしいし、どうやら俺を避けているようだった。


美空の意思を無視してあんなことをしたんだ、避けられるのは当たり前か、と思いながらも避けられるのに寂しさを感じている自分がいる。


触れたい。
少しでもいい。
不安なんだ。
確かな証が欲しい。


だが、その反面、まだ欲してはいけないと何かが訴えてくる。


自分の中で葛藤する日々が続いたそんなある日。


この作品のキーワード
シリアス  ヤクザ  借金  裏切り  復讐