―――――――
―――――


抱えた美空は、驚くほどに軽かった。思わずよく倒れなかったな、と聞きたいくらい。


美空は俺が抱えると、すぐに意識を失ってしまった。殴られたんだ、よく頑張ったと言いたい。


俺は美空を連れてすぐに家に帰った。出迎えた奴らは美空を見て驚いていたが。


「若、その嬢さんは……」


一人の男が恐る恐るといった体で聞いてくる。口にはしないだけで今家にいる全員が思っていることだろう。


「和也、医者を呼べ」

「若?」

「こいつは、今日からここに住む」


この作品のキーワード
シリアス  ヤクザ  借金  裏切り  復讐