日が暮れ、暗い闇に包まれる。


朱色に塗られた檻に入った女朗たちが男のために髪を結い上げ、紅をひく。


欲を孕んだ男たちの目にとまろうと、幾重にも重ねた着物を引きずり、甘い声をあげて誘惑する。






今夜もまた、赤い柱の向こうから遊戯の予感が……








※性的表現含みます。苦手な方はスルーしてください。


目次

この作品のキーワード
女郎  和風      朱色  着物  恋愛