「ど、どうですか??」


口に合わなかったら
あたし最悪だよ!?


でも向井さんは
あたしに笑いかけた。

「ん。うまい。」


ドキッー

ってかすごい嬉しい!!!


「本当ですか!?」

「ん。
好きだよ、怜奈の料理。」


「ありがとうございます。」

家庭科の先生に
褒められるより
はるかに嬉しすぎるよ。



「いただきます。」

あたしも箸を持って
ロールキャベツを
口に放り込んだ。



うん、美味しい。