★★★★★
ハマルこと間違いなし!!
海外に住んでいた神が帰国したきっかけは実家から来た一通の手紙。


そうして彼は

  『なんでも屋』

を開店することになる。



始めは何てコトのない依頼。

だが、そこから彼の闇に触れ、
傷を抉る事件へと巻き込まれていく……。




彼の背負っている贖罪とは何なのか……。


何故彼は寂しそうな光を瞳に宿していたのか……。


彼は自分の背負った十字架にどのように決着をつけるのか……。





細やかな話作り、
息をつかせぬストーリー展開、
KIBAさんの魅力に圧倒されてしまうこと間違いなしの逸品です。

あなたもページを捲る旅に出てみませんか?




ミステリー好きはもちろん、
興味のなかった方も是非とも神に会いに来てみてください。
アリセ
09/06/07 22:37

>>新着レビュー一覧へ