「柚奈。先生、もう行っちゃうわよ。」


「うん。今行く。」

「柚奈、大丈夫?」

「何が? 私は大丈夫だよっお母さん。」

「……そう。」

私、津月柚奈(ツヅキ ユナ)は今から大切な人を見送る。

すごく大切な人。

……先生。

「ねぇっ、お母さん。
私の顔大丈夫かな?」

「……、ちょっと目が腫れてるかな。」


鏡でチェックする。


うわっヒド……。

ちょっと所じゃない。

急いで、化粧を直す。


「柚奈。そんな事しなくても、先生はあなたに見送ってくれるだけで嬉しいと思うわ。」


「でもっ綺麗でいたいのっ。最後くらい……。」


「柚奈…、そうね。
じゃあ、早く済ましちゃいなさい。
綺麗にして、見送るの遅くなったら意味ないでしょ。」


「うん。ありがとう。
お母さん。」