ファミレスの後はすぐに彩雫の家に行って
おばさんとおじさんに挨拶をした後にお風呂に入った
それから彩雫の部屋で軽く喋った後に寝てしまった私
恭からのメールに気付いたのは今朝の9時半だった

《今日帰って来るんだよな?》

そんな1行だけの文章だけど、それだけで嬉しい

《うん、今日の夕方には帰るよ♪
帰ったら話したい事があるから聞いてくれる?》

昨日のモデルのお手伝いの事
言っておいた方が良いよね?

《わかった》

10分位経ってからきたメール
着信音で彩雫が起きた

「歩深…おはよ」

「おはよう、彩雫…私先に着替えるね?」

「うん…」

そう言ってふとんの中にもぐりこんだ彩雫は寝息をたてた
私は荷物に入れておいた服のチュニックにスキニーを合わせた
パジャマは畳んで荷物の中に入れて髪の毛をとかした

[コンコン]

ノックと共に開かれたドア

「アヤ、起きなさいっ!!!…ふみちゃんおはようね?」

「おはようございます…」

彩雫のお母さんはエプロンを身につけて私に微笑んだ

「彩雫が着替えたら下に来て一緒に朝食にしましょう」

そう言って部屋から出て行ったおばさん
彩雫は上半身をふとんから起こして大きくあくびをした



この作品のキーワード
年上の彼  好き  年の差  愛おしい  甘々  キス  不満  不安  無愛想  想い