どれくらいの時間だったんだろう?


僕が自分の言った言葉を、認識するのに。


「…!て!うわ!す、すいません!」


あわてて僕は、体を起こした。

ドクン ドクン ドクン

自分で自分が信じれ無かった。
あんな言葉を言うなんて。

ソースさんの顔が見れなくて、僕は背を向けた。

なんでだか、解らなかったけれど、
気付いたら半年分の想いを、僕はソースさんに告白してしまっていた。


この作品のキーワード
純愛  男目線  美大生  年上  ソース 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。