時々ね、



あなたが恋人だったら


って思うんだ。








でもそんなこと

言えなかった。




大事な大事な友達だから。




友達として

好きで好きで仕方ないから



ずっと側にいたいから。







この感情を殺してきたんだ。




この作品のキーワード
短編  同級生