あ、そうだ。大ちゃんにお弁当作ってあげる約束してたんだよね。

すっかり忘れちゃってたよ。

でもまぁ、彼女がいるなら、あたしが作ったお弁当なんていらないよね…


「月曜日からは自分で作ろう…」

そう呟いて、少しだけ残っていたパンのミミをかじった。

「ごちそうさま。お母さん、今日柚ちゃんと遊びに行ってくるね」

「あら、そう。気をつけて行ってらっしゃいね」

「はーい!」

元気に返事をして、柚ちゃんの待つ、自分の部屋へ戻った。

「早かったね、もう少しゆっくりでも良かったのに。」

「これ以上待たせるのは流石にね…」

「それもそうだね(笑)じゃあ着替えて? 服出しておいたから。」

「はいはーい!」

柚ちゃんが部屋を出て行って、出しておいてくれた服に着替える。さすが柚ちゃん、あたしの好み分かってるねー。


「お待たせ、行こっか」

「歩いて行くの?」

「うん、そんなに遠くないからね。」

「そうなんだ。」

「うん、行ってきまーす。」


―バタン…


ゆっくりと、焦ることなく歩くこと15分。

大ちゃんに連れて行ってもらった、古いレストランが見えた。