★★★★★
業であり、守りであり。。。
何度読み返しても、涙が溢れる


それは、

私が
1人の人間の母親として
1人の女として
自分と重ね合わせて読むからだろうか


愛美に

そして、愛美の母親にーーー



その、子ども達の首にかけられるクロス

『守り』である事を、切に願う
小西 尚
08/07/17 10:50

>>新着レビュー一覧へ