ただ君に
伝えたい言葉があった。






目次

この作品のキーワード
切恋  悲恋  切ない  悲しい  哀しい