SNSを始めとし、インターネット上に氾濫するコミュニケーションツール。


相手が見えない、分からないから年齢・性別・地域を問わず、そのネットワークは広がる。



しかし――


本来ならば関わらなかった筈の人々と交流を持つ事は、それだけリスクを伴う事を理解していない人が多い。


パソコン画面、携帯電話の向こう側に人がいる事を忘れてはならない。


インターネットだから許されるという誤解は、リアルの自分を破滅させる。



ケータイ小説サイトも、感想・レビュー機能がある限り例外ではない。


例外ではない――…






.

この作品のキーワード
ストーカー  ケータイ小説  ネット