まず、読んで頂き、ありがとうございました!


この作品は、両思いなのにすれ違う二人を書きたくて書きました。


思ったよりも、可哀想な話になってしまって、少し驚いています。



まだまだ文章の拙さや、構成力のなさが浮き彫りになっていて、精進せねばと思います。


とにかく、【叶わない恋じゃなかった。】を読んで下さった皆様、本当にありがとうございました!



御感想など頂けると、泣いて喜びますので、もしありましたら、お気軽にお書き下さい。


では、長々と失礼致しました。


この作品のキーワード
悲恋      手紙