後半から涙が止まりませんでした

chi-ro0329 16/10/09 16:17

悠太が帰って来て、そこから思い出すような感じでかかれていくストーリーに凄く入り込んでいってその時点で涙ぐんじゃいました。
志津が所々で感じる違和感の正体が明らかになったとき、とてつもなく悲しくなりました。

すっごく面白かったです!

春夏冬 凜香 16/07/11 06:44

優太がまさか死んでいるなんて思わなかったし、最後のお別れのときの3人がとても感動した。
続きかいてほしいですー!
この作品をよめてほんとうによかったです!

はるあず 16/06/25 23:06

この作品を読もうと思ったのはタイトルで面白そうと思ったからです。
読んでみると想像以上におもしろくて…
涙は止まらないし志津ちゃんに感情移入してしまったりと…
最高に感動する作品でした!
この作品に出逢えてよかったです!

リドリ 16/06/18 22:03

初めてコメントを投稿します。夜中に読み出して号泣しながら読み終えました。最後の最後まで思わずグッとくる場面ばかりで気づいたら外が明るくなってました(笑)特に悠太が陸に「2年後プロになるから〜」と伝えたこのシーン。悠太にはすごく沢山のキラキラした未来が見えていたんだと思うと、また涙。どんだけ泣かせるの。ティッシュが空になるよ!それと志津が悠太に「私も連れてって」と言い手を伸ばしかけたところを陸が引き止める、そのあと言う「連れていくかよばーか」ここの悠太のセリフにも涙しました。これからずっと長いこと1人ぼっちの悠太。最後の最後まで弱音をはかない!本当に強いお人だと思いました!あと、陸と志津のやり取りも凄く好きです。(笑)思わず笑ってしまう!不器用だけど真っ直ぐな2人は悠太がロンドンに行ってしまうことに素直に喜べず「悠太におめでとうを言おうな」と泣きながら言うシーンはお互いに支えあっているなと感じました。この作品を呼んで私は今悩んでることとかがちっぽけに見えたと同時に悩めることは幸せなんだと思いました。死んでしまったらそれさえも出来なくなってしまうのだから。すごく気が楽になれたんです。勇気が出なくて一歩前に踏み出すのが怖くて逃げようとしてたけど、踏み出せるチャンスがあるのにもったいないと思えた。だって死んでしまったら出来ないから。この作品に出会えて本当に良かったです。単行本には番外編もついてると

た)ばん 16/06/18 06:24

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?