私はきっと近藤のことが、好きなんだ。



でも、伝えられない。好きって言ったら
どんな返事をするのか、恐い。



私には勇気がたりない。

きっとそうだ。どうしたら近藤に好きって伝えられるかな…。

私は近藤に助けてもらってばかりだ。何か私に出来る事ないかな。

そんな事考えてるともぅ、帰る時間だった。

「おぃ。教室戻るぞ。何ボーっとしてんだ?」
あっ、もぅそんな時間か…。

「教室行こう。」


時間がたつのは早い。特に好きな事をしているときは。



二人で教室に戻ったけど、誰もいない。
「誰もいないね。帰ったのかな。」


「そりゃそうだろ。何時だと思ってんだよ?」


時計を見ると7時だった。外は薄暗い。


「早く帰らなきゃ。暗くなっちゃう。」


「お前の家まで送る。」
ドキッとした。


「いいよ。大丈夫だよ。」

こんなことまでしてもらったら近藤が迷惑だよね。


「いいって。送るから。何かあったら困るし。第一お前一応女だからな。」



と言って笑っている。

「一応って何?私は完璧な女なんですけど?」


「はいはい。ごめんなさい。さぁ、行くぞ。」