思わず微笑むと、アッチもほほえみ返してくれた。

すると同時にさっきにらんだのが申し訳なくてたまらなくなった。

私ゎその人の隣に行きたくなった。

でもやっぱりイケメン。隣にゎ女の子がきっちりと座っていた。


「みんな-!席替え!!くじ引いて-」

私ゎくじを皆に引かせた。

皆にゎ悪いけどちゃんと私があの人の隣になれるよう仕組んだ。


「よろしくお願いしマース!」

私ゎあの人の隣に座ると早速話しかけた。

「もしかして・・・仕組んだだろ?」

「ェ-・・・内緒♪」

「俺の隣を選んでくれてありがと★」

「あははっ^^
さっきからこっちずっと見てたでしょ!」
「あっ!ばれてた!?つか俺龍司。」
会話ゎいつになっても止まらず、きずいた時にゎもう夜中の12時を回っていた。

「そろそろ出るか-?」

誰かが言い出し、みんなぞろぞろとカラオケボックスを出ていく。

二人残った部屋の中。

龍司の手が私の髪をそっとなぜた。

そして私ゎいつものようにその日初めて会った男とキスをした。

付き合ってもないのに。

でも、その日だけはいつもと違った。

本気だったんだ。