友達のままだったら
楽しかったのに
真剣に好きになればなるほど
辛いことや傷つくことが多くなる
それでもやっぱり人は恋をする


―貴方だけを愛してる、


この作品のキーワード
恋愛      願い  純愛  好き