とても弱いボクを


キミが強くしてくれた。


だからボクは


キミの為に生きる。


この作品のキーワード
  親子