古い家だった。


 ただ、何十年経ってもやはり美しいと、いつも改めて思う。

 彼は、畳などはあまり好きではなかった。

 螺旋状のきしむ階段も、とてつもなく大きく音を立てて開くドアも、夜空を型どったステンドグラスも、全てが愛おしかった。

 だが、今はあまりその事は考えなかった。



 彼は、もっと愛おしいものを見ていた。

 沈みかけの夕日に照らされ、飴色に輝く写真。



 まるで、あの日のようだ。

 まるで、あの日のまま、あの子達は笑っている。



 夕日よりも、ずっとずっと輝かしい笑顔は、何物にもかえがたい。

 ふと、写真立ての装飾に日の光があたり、一瞬目が眩む。


 老人は目を細めた。

 少し経ち、またシワだらけの瞼をゆっくりと上げる。



 大きく、つぶらな漆黒の瞳。
 小さいながらも形の良い鼻。
 可愛らしい笑窪と、愛らしい唇。
 そして、焦げ茶色のまっすぐ伸びた美しい髪。それはもうすぐ腰まで届きそうだ。



 そこには、やはり、この二人の少女の、眩しく悲しい笑顔がそこにあった。












《飴色の写真・完》








この作品のキーワード
ミステリー  教習所  探偵  コメディ  ラブコメ