★★★★★
中毒必須の涙注意報
『種族』という分類、もしくは差別はなんのためにあるのか。
そのせいで、一体何人もの人が傷ついてきたのか。
大切な人をどれだけ傷つけてきたか。

というシリアスもあれば。

“何でも屋”を通しての、異種族の交流。それがどれだけ素晴らしいことか。
今ある家族を大切にしてほしい。

哲学ならずの、現代人の心に深く入り込んでくる温かい言葉も多々あり。


中毒必須。多量の涙注意報。お読みになる際は箱ティッシュを用意しましょう。
夢朶雨
13/08/20 02:57

>>新着レビュー一覧へ