水口ひかるは夢を見ながらパリへ来ました。

小さいながらもおいしいケーキとパンを出せるお店を経営してみたい。

人を癒せるお店が経営できたそのときには、婚約者である三崎千裕のプロポーズを受けるにふさわしい女になっているはず。

グチはこぼしても、泣きごとは言わない、努力と根性と愛情の物語。

この作品のキーワード
美形  年上  外国人  洋菓子  実業家