「好きじゃなくなった」

私はそれを言い残して逃げ出した。

たった一度許せなくなっただけで、あんなに好きだった望を好きじゃなくなった。
そんな自分を高校二年生の裕美子は信じられなくて、逃げ出した。

まだ高校生の初めての恋は教えられることばかり。

そうやって恋をすることで、成長していくのです。







初めての執筆に緊張気味の春時ですがどうぞお付き合い下さい。

この作品のキーワード
恋愛  不器用      高校生  青春  部活  純情