PM9:00

思ったより遅い帰りになった。


「にゃーっ」


朝はしなかった足音を立てながら猫が駆け寄って来た。

よほど空腹らしい。


「今は本能を抑えることができないんだな」


飯はまだか、と急きたてるように足元から離れようとしない。


靴を脱ぎ、リビングへネクタイを緩めながら入る。


キャットフードの適量をきちんと測り、えさ入れを差し出す。


床に置き終える前に食いつく猫。


朝は見向きもしなかったくせに。

この作品のキーワード
腹黒    温もり  感情の変化  許婚  番外編  短編  秘書  日常  心境