AM6:00


ただ、猫が一匹増えたところで私の生活に支障はない。

普段はこんな小さな子猫よりも、

もっとわがままで傲慢な男、上条聖を相手にしているのだ。


手の上で誰かを転がすことくらいもう心得ている。


だから食事の時間も変わらない。


朝は早く朝食をとりその後ニュースを見て読書、スケジュールの確認をし、

自宅でできる仕事をこなして出勤する。


「今日はパンと野菜を食べるか」


昨日、一昨日の朝は和食で魚を食べた。

夜は肉中心の料理だった。

野菜が少々不足気味、そしてパンが食べたい。

この作品のキーワード
腹黒    温もり  感情の変化  許婚  番外編  短編  秘書  日常  心境