「昨夜、父から連絡があった。隣国の魔女見習いの娘を持つ貴族が、僕を差し出すように言ってきたらしい」


ジェイクは驚きにはっと目を丸くしたが、すぐに真剣な表情に戻した。


「シャミナード家か」


ラディアンは頷いた。


「シャミナード家は僕と自分の娘を組ませて力を手に入れたいらしい。応じなければ、僕の婚約者を殺すと」


「……正気か?」


ジェイクは今度こそ息を呑んだ。
信じられないという色が顔に浮かんでいる。

ラディアンは自嘲するかのように笑った。


「シャミナード家は権力が強い。もしかするとあちらの国王なんかよりもね。手に入らないものなど、今までなかったんだよ」


だから――、と言い、ラディアンはジェイクとしっかり目を合わせた。

強い意思は、逸らすことを許さなかった。


「もしその時がきたら、ナーベルを頼む」


ジェイクはぼとりと手にしていた剣を落とした。

何か反論しようとも思ったが、ラディアンの有無を言わせない強い目に、ただ立ち尽くすしかなかった。


この作品のキーワード
魔女  魔法  花嫁  記憶喪失  ファンタジー  再会  精霊  偽装結婚  秘密  魔法使い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。