めそめそとナーベルの手を握りしめたまま涙ぐむフィオーレにどうしていいかわからず、おろおろと視線をさまよわせるしかなかった。

ジェイクに助けを求めても、肩をすくめられるだけだ。


ナーベルはとりあえずフィオーレの顔を覗き込んだ。


「あ…、あの……」


「だからこそですわ!」

そしてまたフィオーレが叫び、耳がキンと鳴った。


「だからこそ、わたくしは奴らを絶対に許しません!懲らしめてやらなくては気がすみませんわ!さぁ、ナーベル様、こうしてはいられませんよ、今すぐ修行を再開しましょう!」


「えっ、ええっ!?」 

フィオーレはナーベルの手をしっかりと握ったまま、勢いよく部屋を飛び出していってしまった。

手を握られたままのナーベルはなす術もなく、半ば浮かんでいるような状態で連れ出された。


ジェイクは風のように飛び出していったフィオーレにぽかんとしていたが、やがて柱にもたれかかり、やれやれと額に手をやった。


「こりゃ、起こさないほうが良かったかもな……」


しかし、その表情にもうさびしさは残っていなかった。


この作品のキーワード
魔女  魔法  花嫁  記憶喪失  ファンタジー  再会  精霊  偽装結婚  秘密  魔法使い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。