サロンに行った日から数日が経った―――




「はぁ………」


本日何度目の溜息だろう。



庭に出て美しい花々を見ながらのアフタヌーンティーを口にしても全く気が晴れない。

傍で見守るモニカはじめ侍女たちも皆オロオロとしている。




この数日、ラルフから何度逃げただろうか。

あの日はラルフがおらず顔を合わせる事はなかったが、二人は同じ寝室ですごす夫婦だ。

そんな日は何日も続かない……



次の日にラルフと顔を合わせた時の私の態度。

他の人から見ても絶対におかしかったわ……


平常心を保とうと必死だったが、それでも顔に出てしまったのが自分でも分かった。


『サロンはどうだったかい?』というラルフの問いかけに、目も合わさず曇った表情で答える私。

気晴らしに行ったはずのサロンから帰ってきて、沈んだ表情で答える私にラルフもどこかおかしいと感じたはずだ。