5分間だっただろうか…曲自体は短いものだったのに、とても長く感じた。



「シェイリーン、とても上手だったよ。練習の甲斐があったね。」

「あ、ありがとうございます!」


社交界が長いベルナルドに褒められ、ぱっと笑顔になる。

シェイリーンの向けた笑顔に、何故か頬を赤らめているベルナルドに気付かず、続ける。





「…あの、私次の曲はお休みしますね。次の方が待っているようですし。」


視線をずらすと、ベルナルド待ちであろう女性たちが列をなしていた。





「そう…だな。では、また次の機会に。」



少し、残念そうな顔をしながらも承諾するベルナルド。




「はい。誘ってくださってありがとうございました。」


ベルナルドさん、本当に人気なのね。

あの人たちにベルナルドさんを返してあげなきゃ、後々面倒そう…

そう考えながら、会場を後にした。