すっかり日が沈み、静けさを増す庭。

ホールの賑やかな音が遠くで聞こえる。

庭の横の小道を歩いているけれど、人ひとりいない。

みんな王子のいるあのホールから出たくないのね。





しばらく歩いていると開けた場所に噴水が見えた。

目の前に現れた光景に何度目か分からない感嘆の溜め息をつく。

円形の噴水からは月の光に照らされてキラキラと舞う水飛沫。

噴水を囲んで植えられた花々。

ひっそりとあったその庭は王家の庭というには少し寂しいけれど、とても綺麗な場所だった。





噴水の横のベンチに腰をおろして庭を見つめる。

うちにもこんなに立派な庭があれば良いのに。




噴水から湧き出した水が水面をはじく。

先程の社交界での緊張が嘘の様に穏やかな時間が流れていた。