「シェイリーン、ここにいたのか」


一人これからのことを悶々と考えていると、思考を遮るように声をかけられた。

部屋に入ってきたのは、私の悩みの種を作った原因の男だ。





「ノックもなしで入ってこないでください」


部屋に入ってきたラルフに背を向けて警戒する。




「夫婦の間にノックも何もないだろう。それに、ここは僕の部屋でもある」


ククッ…と笑いながら、正論を言うラルフ。



そうだ、私は目の前の王子と結婚したのだ。

形だけだけど。




「それとも、結婚式でのことまだ怒っているのかい?」

「……っ!!」


ビクッと体が跳ねる。