翌日の朝―――――


「ん……」


日の光に導かれるように声を上げる。

そして、眠い目をうっすらと開けて飛び込んできた光景に驚愕した。




「……ッ!!」


眠っていても均整な顔立ち。

長い睫毛が影を落とす。

夜寝るときは一人だったはずなのに…

そう思いながら隣に眠る“夫”を見る。

そう…それは紛れもなくラルフだった。





ラルフの体が大きいからか、キングサイズのベッドも狭く感じるのは気のせいではない。

帰ってこないと思っていたのでベッドの中央に寝ていたが、いつの間にかベッドの端に移動していた。



いつの間に帰ってきたのかしら…ぐっすり寝ていたから全然分からなかったわ。

夜更けに帰ってきたのだろう、ラルフはまだ目を覚ます気配はなかった。

目を閉じて寝ている顔はやはり整っており、改めて端正な顔立ちだということが分かる。




「眠っていてさえいれば、害はないのだけど…」


ラルフの方に体を向け呟く。




「それは、どういう意味かな?」


仰向けにした体を私の方にゆっくり向けながら、寝起きとは思えないはっきりとした声を出すラルフ。