それは、まるで何もかも。最初から仕組まれていたかのようにスムーズに行われた。



そう、まるであたしが、この日の内に、あなたの腕の中に堕ちる事が決まっていたように。






「ここ。入って」


社長に連れられてやってきた場所は、見上げるぐらい高く聳え立つ高級マンションの一室。


付き合うと決めた初日に、彼に言われてノコノコついてきたあたしは


きっと世間から見れば、只の世間知らずか、それとも尻軽女か…。



しかも…あたしは、自分がこれから経験するであろう行為が


初めての行為だという事を


どうやら忘れていたようだ…。