――ラックside――




「ふぅ~、これで終わりだな」



俺達の目の前には今殺った男性が倒れている。
今日もいつも通りにヒースと任務を遂行した。





「なぁ、ヒース。左手、大丈夫か?」


俺はヒースの左手を見た。





「えぇ」


ヒースは左手首を押える。





任務中に俺が少しミスをして、そのカバーをしたヒースがターゲットを足止めするときに手首を痛めてしまった。






「ほんと悪かった!」


パンッと手を合わせた。





「…問題ない。でも最近、少し気が抜けているんじゃない」




うっ・・・



ヒースの言葉が胸に刺さった。



情けねーな…





「帰るわよ」



“ガサッ”



この作品のキーワード
殺し屋  高校生  教師      花言葉  パートナー    孤独   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。