――月乃side――



ラックが鎖紺と出会ってから数日がたった。



あの後、もう1度『組織にこないか?』と誘われた。


私はそれを頑なに断って別れた。




あの夜からラック、山岸の様子が前と変わった。


昼は、なにかと理由をつけては準備室に呼び出したり話しかけてきた。


夜の仕事のときは、よく話しかけていた。






――でも、それがめっきりなくなった。


学校でも仕事でも私と山岸は喋らなくなった。


山岸の行動はなにかよそよそしく、目があってもすぐ逸らされる。


仕事中は一緒にいるが雰囲気は前とはガラッと変わった。




ただ…―いつも心配そうに私を見ている。


この作品のキーワード
殺し屋  高校生  教師      花言葉  パートナー    孤独   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。