あの頃の君の
隣ゎわたしだった・・・

いつの間にか
私じゃなくなってる。

いつの日か
君の隣の席が
私の特等席に
もどりますように・・・

この作品のキーワード
君の隣