【千紗】




プルルル…プルルル…






あたし、栗原 千紗はある人が電話に出てくれるのを待っている。






『もしもし、千紗??』


「うん。あとで会って話せないかな??」


『別にいいけど?でも今日はホテル行けないぜ??』


「行かなくて良い、今日は。じゃあ後で凛のとこに行くね」


『分かった』







この作品のキーワード
溺愛  妊娠  社長  1人  セフレ  応援?  恋愛  純愛