「アリスが無事で何よりです。」



にこりと笑い帽子屋さんは言う。



そう、私はまた帽子屋屋敷に戻ってきた。


戻ってきたというより戻っていた。



逆昇ること数十分。




私は【 シロ 】の扉に
迷いこんでいた。



だが、どこからか突然真っ白な兎が現れた。


それは別に「あら兎。」
ぐらいにしか思わなかったが─




あのシロウサギが真っ白な兎を見つけた瞬間、


かなりあっさり立ち去ったのだ。




それはもうあっさりと!!


「兎…苦手なのかな?
ってシロウサギも白兎か。」




『違う よ?』



え??



「はっ!?えっ??」



たしかに声がした。

かわいらしい少年のような声。


ディーやダムを思い出す。




『シロウサギと僕は全くの別物。


あんなイカレ兎と一緒にしないでよ。』




フフフ♪と可愛らしい
笑い声が聞こえるが
私の前には兎しか…





『僕は白兎。
君を守ってあげる♪』

この作品のキーワード
アリス  Alice  チェシャ猫  白兎  ギャグ  逆ハーレム  不思議  イケメン  狂愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。