ピアノを奏でながら考える。


今の私は、この音色のように、強くなって弱くなって…


題名すら付けられない。


だから、この「無題な私」は、これから付け足されて、


色がついて、完成していく。

あなたに出会った時、私はそう確信したの。


ただでさえ平凡でない日常…


だけど今度は、そんな毎日が、私のためだけに、変化を遂げると。


あなたとセンセーションを巻き起こすと。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたに出会い、

このピアノを奏でる理由が増えたの。


愛しいあなた達と、


ずっと共に歩んでゆくのね。


愛しい。
何度唱えても足りない、
この想い……

この作品のキーワード
恋愛    ピアノ  運命  お嬢様  実の父  弁護士  スキャンダル  幸せな結婚  新しい命