「ゆーうくん!」



「…なに?」



わたしは前から悠くんに抱きついてみる。



「…ななな」



悠くんの顔は、みるみるうちに赤くなっていく。




土曜日の昼下がり。


今日は悠くんのお家でデート。



ソファーに座ってボーっとテレビを見ている悠くんに、思い切って抱きつきてみた…



けど…



「はっ、離れろって。沙帆。」



悠くんはグッとわたしを押し返した。




そう、わたしの彼氏の悠くんは、超照れ屋さんなのです。








この作品のキーワード
甘い  初体験  草食系  初めて  彼氏  照れ屋