校舎に入った私たちは教室へと向かう。


途中、すれ違った女の子たちが私と理緒のことを見ていた。


チラリ…といった一瞬の視線じゃなくて、じっくり見られている感じだ。


私が理緒の隣に居ること…不自然に思ってるのかな…。


かなり不満に思ったのかもしれない…。


そんなマイナスな考えばかりが頭の中を駆け巡る。


私は、周りの視線があまり気にならないように顔を俯けた。


教室の前まで、やってくると鼓動が急激に加速する。

理緒と繋いでいる手もカタカタと小さく震えていた。


この作品のキーワード
ふわキュン  一途  ほのぼの  クリスマス  プレゼント  風邪  バレンタイン