「香!ごめん、先生に呼ばれてて、今日の当番ちょっと遅くなる!!」



弥生ちゃんが顔の前で両手を合わせて、私を申し訳なさそうに見つめた。




今日は図書委員の当番の日。

私と弥生ちゃんは図書室へ行かなければいけないのだが、どうやら弥生ちゃんは少し遅くなるらしい…




「いいよ!行っておいで。私は図書室で待ってるから」



笑いながら私が言うと、「終わったらすぐ行くから」と言葉を残して、弥生ちゃんが教室を出て行った。







小さく息を吐いて、私も図書室へ向かった。







この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。